sankara

「天から恵み」を意味する「sankara」

400201-sankara03

日本国内で最もエコロジカルな環境にあり、しっかりとしたホテルコンセプトを訴求しているのが世界自然遺産・屋久島で真のホスピタリティサービスと島への貢献を経営理念とするオーベルジュ型リゾートホテル「sankara hotel&spa屋久島」。sankaraで使用する水はすべて敷地内の地下から湧き出たもの。アメニティは屋久島の花や植物、sankaraの水を使ったオリジナルをご用意。歯ブラシやゴミ袋に至るまで、敷地内で使用しているものは土に還る成分で出来たものを使用しています。

山と川と海と空、島を形成するすべてがひとつの大きな生命体となって息づき、訪れるものを魅了する、神秘の楽園「屋久島」は、「薬島」と異名をもつほど身体に良い多種多様な山菜や野菜の宝庫でもあります。栄養素が高く濃厚な味わいの野菜を、美味しいだけでなく安心安全にお召し上がりいただけるよう、sankaraでは完全無農薬の自家菜園を持っています。

400201-sankara01

武居智春シェフは、出勤前に懇意にしている農家や自家菜園、漁港に立ち寄り、採れたての野菜、獲れたての魚を吟味の上、その日に使う食材を決めています。

サンスクリット語で「天から恵み」を意味する「sankara」自然の恵をふんだんに使った本場仕込みのフランス料理と、プライベートリゾート。身体の隅々まで清らかさが満ちる緑濃いモスフォレスト。その懐に抱かれて過ごす極上の休日をsankara hotel&spaで是非過ごしてみましょう。

sankara hotel&spa屋久島

〒891-4402 鹿児島県熊毛郡屋久島町麦生字萩野上553 ☎0997-47-3488

mikkymurakami

writer  :  村上実(Mikky Murakami)

ホテルジャーナリスト。(株)オータパブリケイションズ 専務取締役経営調査室長兼編集総局長。ホテルジャーナリスト30年余の経験の中で皆さんから付けられたのが“ミッキー村上”というニックネーム。団塊世代のネクストジェネレーションですから、学生運動に高度経済成長、バブルの恩恵にも与った面白い時代に生まれ育ってきました。26歳からは現在のオータパブリケイションズで編集者生活を満喫。一般読者向けの『月刊ザ・ホテル』編集長時代は年間150日国内外のホテル巡りという体力勝負の時代も経験。ミッキー流「ホテルを10倍楽しむスペシャル・ノウハウ」も披露。ホテルは最高のエンターテイメント!All About Japan ホテルガイド。
*本原稿はOCTONLINE.JPの英語記事に日本語版を掲載しています。
世界の食のトレンド FOOD FOR FUTURE BY SUPERORGANIC®
HTTP://WWW.SUPER-ORGANIC.JP

 

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s